about us 企業情報

経営理念

プロダクトマイスター(Product Meister)とは「モノづくりの匠」の意。
モノづくりの人材育成を通じて社会と地域に貢献することが、私たちのミッションです。

方針

経営方針

生産性の向上を目指す次世代の業務請負企業となるために、人材育成や従業員教育を重視します。
あいさつや5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)といった仕事の基本を社員一人ひとりが着実に実践し、
常に意識変革を念頭に置き、お客様に喜んでいただけるサービスを提供していきます。

コンプライアンス方針

私たちには、会社の事業観、社会観、国家観、そして世界観というものがあります。
それぞれの見方に誤りがあっては「創造的に仕事をする」という理念が絵空事で終わってしまいます。
その根幹として「法令遵守」を行動の基本指針とし、人材を育成しています。

安全衛生方針

安全とは、経営者の意思が従業員の意思となったときに確保される――
私たちはそう考えます。安全・安心な職場は全従業員の理解と協力があって成り立つもの。
「安全には岩をも動かす強い意志がある」との理念に基づき、社員の教育に努めています。

モノづくり方針

常に創造的な仕事をする
それが私たち、プロダクト・マイスターのモノづくりに対する考え方です。
〈創造的に仕事をする〉とは、自分たちの掲げる目標について、将来の自分たちに確かな約束をして働くということ。
今の力をもとに将来像を描くのではなく、「とても出来そうにない」と思われる高い目標を掲げ、
未来のある一点に向かって邁進していくのです。自分の能力をそのレベルにまで引き上げるのが不可欠。
あくなき好奇心と向上心で努力することがモノづくりの真髄である、と私たちは考えます。

ヒトづくり方針

生きていく中で、目標を持てることもあれば、目標を見失うこともあります。
挫折し、立ち止まったまま動けなくなってしまうこともあります。
将来について、何をどう考えれば良いのかわからないこともあるでしょう。
私たちは、そんな思いをもつヒトを受け入れることも、モノづくりの使命の一つだと考えています。
一緒に働くことで前向きになったり、新たな目標や希望を見出せたりできれば、私たちも自分事として喜ぶことができます。
そして、弊社での経験をベースにステップアップ、さらにキャリアアップ、新しい世界へと飛び立つことへの応援、激励も惜しみません。

会社概要

設立 2006年7月7日
資本金 7,300万円
所在地 福井県鯖江市糺町21番地1
電話番号 0778-53-1231(FAX/0778-25-0233)
代表取締役 渡邉 義信
従業員数 100名(0000年00月00日現在)
主な取引企業 信越化学工業株式会社 武生工場
株式会社エクセル眼鏡
加賀東芝エレクトロニクス株式会社
株式会社カクダイ岐阜工場
アイテック株式会社
盟友技研株式会社
株式会社信越マグネット
OOKABE GLASS株式会社
事業内容 電子部品および自動車部品の製造請負
各種金属部品の製造、加工、研磨、検査、出荷
眼鏡部品の組立、検査、マスキング、プレス、ロウ付け、切削
繊維製品の検査、梱包、出荷
商品管理、製品検査、ピッキング、梱包、出荷の物流
労働者派遣事業 派18-300168(許可年月日/2022年1月1日)